講師インタビュー:ファンクショナルトレーニング 下藤ビクトル明生トレーナー

1ステップ上の自分を目指して、体と心をトータルで整える
ファンクショナルトレーニング 下藤ビクトル明生トレーナー


12月から新たに始まった朝のプログラム、ファンクショナルトレーニングを担当する下藤ビクトル明生トレーナー。ファンクショナルトレーニングの魅力や、体を変えるために必要なこと、トレーニングを習慣化するためのコツや朝のトレーニングによる効果などを伺いました。


ルーティンは一切なし


ー12月から朝のプログラムで先生のクラスが始まります。ファンクショナルトレーニングの魅力について教えていただけますか。

 マシーンを使って一つの筋肉を鍛える運動に対して、ファンクショナルトレーニングは複合的に体の可動域を広げる多種多様な動きをします。また心と同じで肉体もルーティンがあるとマンネリ化しますし、刺激が足りないと成長しないので、型にはまった同じ動きのルーティンは行いません。新しい動作を取り入れたり、回数や負荷を変えたり、休憩時間を調整するなど、都度変化をつけてトレーニングしていきます。個人のレベルに応じたプログラムで、スクワットなど実用的な動作に基づいた動きで体を鍛えていきますので、生活の中でその成果を感じることができると思います。また体を鍛えると同時に、目的を持って高みを目指していくことも魅力の一つです。


昨日の自分を超えていく

ー高みを目指していくとなると、「気持ち」の部分も関係がありそうですね。

 そうですね。こんな目的を持って鍛えている、自分をもっと成長させたいといった、取り組む気持ちの要素も重要です。今日10回腕立て伏せができたら、明日は11回できるようにするとか、フルマラソンを4時間で走ったとしたら次は3時間で走れるようにするなど、昨日の自分と比べて自分を超えていくんだという一段上を目指す気持ちが大切です。それによって運動が習慣化することにつながります。


体脂肪は少なければ良いものではない

ー体を変えていくにあたり、他に大切な要素はありますか。

 食事も大切な要素です。私自身もコーラなど加糖されたジュースはあまり飲まないようにしたり、外食はなるべくしないようにしています。でも人生を楽しむことも大事ですよね。友人や大切な人たちと交流するときは、腹八分目以下にしながら好きなものを飲んだり食べたりします。もちろんお酒も飲みますよ。自分を変えていきたいという長期的な目標を持っていれば、それでも大丈夫です。体脂肪も値が低いことが良いわけではなく、トレーニングする時のエネルギー源としては必要なものです。


幸せにつながるトレーニング

ー先生が皆さんを指導する際に、大切にしていることはありますか?

 トレーニングに参加することで幸せを感じてもらい、明るい人生を生きるための活力を得る場にしていただけたら嬉しいですね。単に体を鍛えるのではなく、精神的な部分も含めた総合ヘルスケアが大切だと思っています。過去を振り返り、自分がどんな人になりたいか、どう鍛えるのか、何をしたら良いのかなど、考える機会を持ってもらえたら良いですし、そのように過去、現在、未来をつなぐきっかけを作るのも自分の役割だと思っています。先行き不透明な時代ですが、体を鍛えるのと同時にメンタルも強くなっていくためのお手伝いができればいいですね。


1日のタイムスケジュールを可視化する

ー忙しいビジネスパーソンにとって運動を習慣化するのはなかなか難しいという声もありますが、どれくらいの頻度でトレーニングしたら良いでしょうか。

 運動強度は高強度で、3日間1時間ずつ運動して1日休むのが理想です。筋肉は貯金できないため、毎日の継続が大切ですね。30分でも運動するのが良いと思います。ただ運動の長さよりも負荷をつけることが大事で、負荷がかかると骨も強くなるんです。お忙しい方が多いので運動の時間が取れないという声も聞きますが、24時間のタイムスケジュールを書いて、どの行動に何%使っているのか可視化するのが有効です。1日8時間労働だとすると3割が仕事、残りの移動、食事、睡眠などにどれくらの時間が使われているかがわかりますよね。「トレーニングに使う時間を確保するのは難しい」という方が多いですが、可視化することで30分の時間を作ることが難しくないと気づくことができると思います。


朝の過ごし方で一日が決まる

ー朝のトレーニングでどのような効果が期待できますか。

 朝運動すると、酸素をたくさん取り込むことができ、脳がすっきりして頭の回転がよくなります。またアドレナリンが出て、元気が湧き、体温も上がって、全身に血液が巡ります。精神的にもストレス発散になり、前向きな気持ちで仕事に向かえるようになると思います。気持ちの切り替えもできるようになり、その日一日が有効に使えるようになることを実感していただけるのではないでしょうか。
皆さまと一緒に、楽しくトレーニングできることを楽しみにしています。


<Profile>
下藤 ビクトル 明生 Victor Akio Shimofuji
メンサヘロス株式会社 代表取締役
ペルー生まれのペルーと日本のmix。トリリンガル(日英西)。13年間の中南米生活経験有り。法政大学を卒業後、総合商社で10.5年勤務。2019年12月にメンサヘロス株式会社を創設し代表取締役に就任。メンタル・スピリチャル・フィジカルを三位一体で健康にする事業を行っている。
Instagram @mensajeros.co.jp
www.mensajeros.co.jp