講師インタビュー オフィスでも参加OK、マット不要のヨガ インストラクター定岡なつみさん

〜ヨガ時間で気持ちを切り替えて、心に抱え込んだものを手放す〜
毎週木曜日ランチタイムに、マット不要で気軽に参加できる椅子ヨガのプログラムを担当してくださっている、ヨガインストラクターの定岡なつみさん。ヨガの魅力について、ヨガを行うことによってどんな変化が得られるのかなどを伺いました。



■なつみ先生のレッスンに参加しましたが、とてもわかりやすいと思いました。


オンラインでは安全を考えながら、参加されている方達が画面を見入ることなく行えるように、言葉の抑揚もつけながらお伝えするよう心がけています。さらにYourConciergeオンラインプログラムでは短い時間でも効果を感じていただけるよう、毎月テーマを決め、その時々のピークポーズを考えてレッスンの流れを作っています。


マットを使わない椅子ヨガは気軽に参加しやすいですね。


仕事などの隙間時間にできますし、膝が痛い、腰が痛いなど既往症がある方でも取り組みやすいと思います。床に座るよりも動きに余裕が出るので意識を集中させやすく、呼吸もより深くなり、体の内側の感覚をより一層感じられるんです。


先生とヨガとの出会いについてお聞かせいただけますか。


もともとエアロビクスとボクシングの講師だったんです。ある日、自転車で転んで花壇に飛ばされて。その後ボクシングのレッスン中に立てなくなってしまい、ドクターストップで数ヶ月寝たきりの状態になりました。そんな時1、2回ヨガのレッスンを受けて、シンプルに体にいいなと感じたのが始まりです。そこからヨガについて学びたいと思い、パワーヨガ、産後ヨガ、陰ヨガ、5エレメンツヨガなどを学びました。


ヨガの魅力はどんなところでしょうか。


私自身とにかくいつも動き回っていたんです。でもヨガは、止まるのがこんなに気持ちいいんだ、と思わせてくれました。ポーズがうまくできる必要はなく、心地良く感じられることが大事なんですね。スタート時はただのストレッチでしょ、と思っていたけど、終わった後に心がすっきりして目の前がクリアになるのを感じました。ヨガという言葉はつながるという意味を持ち、心と体がつながっている状態のことを表します。呼吸や姿勢、瞑想を組み合わせて心身の緊張をほぐし、頭や心の中のざわつきが取れていくのを実感できます。


ヨガでは呼吸は意識的にした方が良いのですね。


呼吸によって肺も広がってポーズの広がりも感じられ、副交感神経も活発になりリラックスできます。また呼吸が深くなることで、体の部位一つ一つを感じることができるようになります。


ヨガを行うことによってどのような効果がありますか。


「腰や肩の凝りがよくなりました」「気血が流れて気持ち良いです」などの声をいただくこともありますが、それは結果論。ヨガは体と心に栄養を与えてくれるものです。気づきを得たり、今まで見逃していたことが目につくようになります。心に余裕がないと見つからないものは多いと思うので。もちろん仕事の面でもプラスになります。インスピレーションを得たり、アイデアが思いついたりと、感度がよくなり、何かを選択しなければいけない時には自然に決断力、判断力が冴えるようになると思います。


ヨガを行う頻度とタイミングを教えてください。


どれくらいやれば良いという決まりは特にないのですが、気持ちよく感じる人は自然に毎日行うと思うし、トレーニング感覚の人は週2回がいいと思うかもしれないですね。行うタイミングとしては空腹時が良いと思います。お腹に食べ物があると血液が内臓にまわり集中力や感じる力が弱まってしまうので、朝起きてすぐ、または夕食前がおすすめです。音や、目の前に鏡もないほうがいいですね。ヨガを行うときは意識が外に向かうのは良くありません。


最近瞑想を学び始めたと伺ったのですがその効果は感じられますか。


自分を俯瞰して見ることができるようになり、思考はトレーニングできるということを知りました。まずは自分の思考回路を知ることが大切です。相手に言わなくて良いことを、つい言ってしまったりすることがありますよね。落ち着いて自分を見つめることができれば、そういうことも回避できるようになります。またこのコロナ禍で世の中がメディア、情報に振り回されているように感じます。情報の見極めや判断をすることが必要で、常に地に足がついたものの考え方、言い方ができるようになるには、自分と向き合うことが大切だと思います。瞑想ではそのような時間を持つことができます。


先生から皆さまへメッセージをいただけますか。


ヨガを行う時間は特別な時間ではなく、生活の一部にしてもらうのが理想です。思考の切り替え、仕事モードからオフへの切り替え、またこのコロナ禍で気持ちも後ろ向きになるかもしれませんが、そんな時も前向きな気持ちへの切り替えのために、ヨガを行っていただけたらと思います。私も、皆さまの切り替えのスイッチを押すお手伝いができれば嬉しいです。