心身を健康に保つために コンシェルジュが実践している100のこと No.15-28

在宅勤務と外出制限が続く日々、コンシェルジュメンバーが
それぞれ実践している心身の健康を保つための工夫&行動をご紹介します。
少しでもみなさまのご参考になりますように。


15. ”立ったままデスクワーク”の時間を作ってみる
どうしても運動不足になる在宅勤務。スポーツ好きで普段は活動量多めのメンバーは、ついに「スタンディングデスク」を購入。立ってPCに向かい作業する時間を増やし、気分転換とカロリー消費につとめています。別のメンバーは、立ったままのデスクワークに、スタンド式のアイロン台に厚みがある書籍を載せ、その上にノートPCを置くのが最適なことを発見。敬愛する横井忠則さんの画集(厚さ5cm)を台にして、「横井先生ごめんなさい・・」と思いながら働いているそうです。

16. ダイニングテーブルで子供と卓球をする

ダイニングテーブルの真ん中にテープを貼って2面に分けるだけで、ネットなしの「なんちゃって卓球台」の出来上がり。ラケットは、100円ショップでらしきものを買うことができます。小学生の子供は宿題、自分は仕事に集中し、お互いにひと段落したら卓球!というルーティーンで行います。

17. 家でトランポリンにチャレンジ
5歳から10歳まで、3児の母でもあるメンバー。運動不足解消のためにトランポリンを購入して、毎日飛んでいます。自宅はマンションですが、天井の高さも特に問題なく、防音マットを敷いて楽しみます。飛ぶ時間は5分目標にチャレンジしていますが、かなりキツイ!!とのこと。

18. 写経をする
写経用紙は安いものなら通販で1,000円以下で購入できます。筆ペンなどでお手本の上をなぞるだけですが、心を落ち着かせる効果があります。墨と硯があれば、墨の香りを楽しむことができるので、より良いと思います。雨の日にも。

19. 朝のルーティーンとして、ラジオ講座を聞く
学生の頃を思い出しつつ、NHKラジオ講座をリアルタイムで聴いています。6:15から基礎英語2(高田智子先生が好きで聴いています)、6:30から基礎英語3(今年からは一話完結で気軽に聴ける)、6:45からラジオ英会話(駄ジャレ満載な先生です)という三コマを連続で聴き、生活のリズムを整えながら学び直しをしています。

20. 焚き火&せせらぎの動画で癒される
少し前、ひたすら焚き火の様子を何時間も流し続ける動画が話題になりましたが、最近は、焚き火・せせらぎ・鳥のさえずりの全てが入った、こんな”いいとこ取り”の動画で癒されています。就寝前に30分ほどセルフヒーリングでリラックスするのですが、その時に流して音だけ聴くと、とても集中できます。
https://www.youtube.com/watch?v=Ftm2uv7-Ybw&t=4590s

21. 金曜日をカレーの日にする
長い在宅勤務で曜日感覚を失わないよう、同じ曜日に同じメニューを食べる海上自衛官の習慣に倣って、金曜日をカレーの日に設定。昭和の食堂風、タイ風、老舗ホテル風・・と、毎週違う雰囲気でサイドメニューも演出して楽しみます。

22. 3度の食事に、ホットプレートをフル活用する
家族の食事を3食ひたすら作ることに疲れた時の打開策に、普段なかなか出番のなかったホットプレートを出しっ放しにして活用しています。朝はパンケーキ、フレンチトースト、ホットサンド(フライパンより綺麗に焼けます)。昼は焼きそば、チャーハン、お好み焼きなどを、お祭り気分で楽しみます。夜は、野菜をいっぱい敷き詰めてスチームベジタブルに。肉、魚を加えて味を変えれば、ほぼ毎日これでもOK。鍋の季節でもなく暑さもまだ大丈夫な今こそ!低カロリーかつ、キッチンに立つ時間も短縮できるので、気持ち的に負荷が軽減できます。

23. ”インターバル速歩”で体力を維持する
普段は、たまにジョギングする程度で体を動かしていたシニアのメンバー。毎日効率的に運動不足を解消するためにインターバル速歩を始めました。ゆっくり歩きと速歩を3分間交互に繰り返すというもので(https://www.jtrc.or.jp/)、気合を入れなくても気軽にできて30分程度で完結し、その割に負荷もかかるので、毎日続けられています。

24. 朝、洗濯物を干す時に、意識的に気分をリフレッシュする
学校休校でも毎日6時半に起きる、早起きの子供2人の子育て中のメンバー。子供にしっかり朝ごはんを食べさせ、在宅勤務中は9時までが家事集中タイム。晴れていれば太陽を浴びつつ洗濯物を干しにベランダで深呼吸して気持ちを整えます。少しの間、空や風に意識を集中し、心地よさを感じます。規則的な生活と空をみながら自然を感じることで、ストレスは軽減されているかもしれません。

25. 昔の愛読書を読み返す
書店も休みで、1冊2冊の本をネット通販で注文するのもなんとなく憚られて、昔の愛読書を読み直してみました。当時感じた気持ちが蘇ったり、新鮮な発見があったり。自分の変化を感じるとともに、好きなものを再確認して新たな意欲も湧く、楽しい時間になりました。

26. 身体の求めに従って、自然に触れる
高知に住み、以前からリモートワークで働いているメンバー。海が近く、海まで散歩することが増えました。元々在宅なので、日常生活は基本的に変わっていないはずなのですが、身体がいつも以上に自然を求めているのを感じます。海では裸足で波打ち際を歩いて、身体に溜まった電磁波を地球に流すイメージ(笑)、小石の上に寝そべって太陽の光をあびたりしています。

27. 10分アロマのお香で、クールダウンのひとときを過ごす
ちょっと一息つきたい時、子供達が手に負えない時(笑)、この”10分アロマのお香”を焚いて、一緒に、何もしない平和な時間を過ごします。https://hibi-jp.com/concept.php

28. フラダンスのレッスンをオンラインで継続し、庭の花でレイ作り
フラを愛し、フラがあるライフスタイルを大切にしているメンバー。フラダンスレッスンはオンラインで継続しながら、実家の庭に沢山咲いている花でレイを作ったりします。レイの手作りは、手が花の蜜でベタベタになり、植物の毒にも留意しながらなので、優雅なものではないのですが、自然と共に生きるとはこういう事かな?と思いつつチャレンジ。普段自分が大切にしていることを、いま出来る形で行うと、エネルギーが充電できます。