心身を健康に保つために コンシェルジュが実践している100のこと No.1-14

日々、国内外で厳しいニュースが報道され、先が見えない状況が続いていますが、ご体調はいかがでしょうか。
コンシェルジュメンバーも、住む場所や家族環境は異なりますが、それぞれ心身の健康を保つための工夫や行動をしつつ、この時期を乗り越えるために奮闘しています。
みなさまの心身の健康のために、少しでもご参考になればと、メンバーが実践しているTIPSを、何回かに分けてシリーズでご紹介します。これが100項目に届く前に、事態が早く収束することを祈ります。

1. 在宅勤務でも、普段の出勤の時間に散歩する
意外といい運動になっている通勤。生活のリズムを崩さないよう、朝の通勤時間をそのまま散歩時間に当て、生活のリズムを崩さないようにします。

2. 部屋を心地いい音で満たす
オフィスではイヤフォンで聞いていた音楽を、部屋いっぱいに解放すると自宅作業の気分が変わります。音楽配信サービスが提供している仕事用のプレイリストで、新しい曲と出会えるのも嬉しいポイント。

3. 犬の散歩コースを毎回変える
犬の散歩も変化がある方が良いと訓練士から聞きました。人間も変化をつけた方が、脳に良い刺激があるように思います。

4. 毎朝、多摩川べりまで歩き、本気でラジオ体操をする
これを実践しているのは、クラシックバレエから日舞までこなす、元タカラジェンヌのメンバーです。早朝の多摩川で、ただならぬオーラでラジオ体操をしている女性がいたら、それはもしかしたらYourConciergeの関係者かもしれません。

5. ひとり暮らしの在宅勤務中、あえて鶏一羽を買って調理する
家での食事の準備が大変な在宅勤務。美味しい肉屋さんに出向いて丸鶏を買い、ローリエとセロリなどを入れて煮て、ポトフ・ソテー・チキンサラダにと展開し、ワンコンテンツのマルチユース(?)という形で食べます。料理研究家・有元葉子さんの”鶏は一羽で買うべし”という教えを実践。

6. 通勤時間を「学習時間」に決めて、資格取得にチャレンジする
通勤していた時間を漫然と過ごさず、目標を決めて、通勤時間と週末を『学習のチャンス』と捉えてチャレンジ。お母さんが勉強している姿を見ると、子供も一緒に学習しようという雰囲気を作れるのもメリット。

7. 毎朝、ダンベルのエクササイズをしてタンパク質をとる
学生時代ずっとテニスをしていたワーキングマザー。筋トレを再開した矢先にジムに行けなくなり、リモートワークで減った活動量と筋肉の衰えをリカバーするために、ダンベルを買い、縄跳びも始めました。

8. 毎日1か所ずつ、小さな箇所を掃除する
片付けが苦手なメンバーが、この機にやっと奮起して始めた行動。今日は冷蔵庫の庫内1段、明日は洗面台の右側・・等、ほんの少しのスペースでもよいから、毎日どこかを掃除するようにしています。外出自粛が長期化しそうなので、”長くなれば、それだけ、家の中がキレイになるかも”と、自分自身を激励しながら取り組んでいるようです。

9. 部屋でハーブや植物を育てる
植物を見ること・触れること・育てることは、自分にとって、ストレス解消にとても効果があり、インドアグリーンやハーブを育てています。スーパーマーケットの食品売り場に小さなハーブが売ってたりすることもあるので、ご自宅にグリーンがない方は、まずはその小さな鉢から初めてみてはいかがでしょう。

10. 睡眠アプリを使って、睡眠の質を可視化する
寝つき、深い睡眠の時間、睡眠効率などがグラフで表示される睡眠アプリ(私の場合はSleep Meister。他にもSleep Cycleなど、いろいろあります)を使って、睡眠の質を可視化。マイクで寝言も録音でき、眠りの浅いときに起床のアラームを鳴らしてくれます。可視化されたデータを糧に、質がよい睡眠のためのルーティンを欠かさないようにしています。私のルーティンは、眠る前(なるべく3時間)は食べない、しっかり湯船に浸かる、ストレッチポールで関節などのアライメントを調整する、パター練習をしてからベッドへ・・というコース。そのおかげか、毎晩の睡眠効率は96%〜98%。睡眠界の優等生です。

11. 早朝、子供と朝の散歩
小学生の子供と一緒に、人に会わない時間帯、早朝に散歩をします。散歩で見つけた小さな草花を取ってきて来て家に飾ります。東京でも道端にはいろいろな野生の植物が生えていて、家の中でも春を感じられ、家の雰囲気も気持ちも明るくなります。草花図鑑で花の名前を探すのもおすすめ。

12. バランスボールに乗って考え事をする
在宅勤務中、考えに煮詰まったら、気分を変えるために、パソコンの画面を離れて、バランスボールに座ってみます。集中するとついスクリーンに向かったままになってしまいがちですが、体もほぐれ、気分もリフレッシュしてアイデアがまとまることも。

13. 白湯を飲む
ほんの少し果物の皮を(1cm角くらい)グラスに入れたところに白湯を注ぎます。ほのかな香りと白湯が、思いのほかリラックス感を与えてくれます。在宅で仕事をしていると、ついコーヒーや紅茶を飲みすぎてしまいますが、白湯も併用して飲むとよいかもしれません。

14. TRFエクササイズを、子供と一緒にやってみる
音量大きめで、子供(小学生)と一緒に本気で踊ります。子供の方が体力があるので、すぐにヘタってしまう私はバカにされますが、それで良いバランスが取れていると思います。時を経て、TRFにこんな形でお世話になる日が来るとは、ちょっと楽しく感じます。


*外出自粛・在宅勤務が続く中で、心身を健康に保つために、あなたが実践していることを教えてください。
ご回答はこちら(”YourConciergeご利用のお客様のTIPS”として、ご紹介させていただく場合があります)